若はげ

髪の悩みは本人にしかわからない

このサイトをご覧の皆さんは少なからず髪の悩みをかかえている方だとおもいます。
実際、私もその中の一人ではあるのですが。
よく、髪の悩みなんて無縁だとおもうような人からこんなことを言われることがあります。

 

「髪が薄くなったら全部剃れば良いんじゃないの……。」
「俳優さんだって髪は無いけどワイルドで魅力的な人が沢山いるし結構もてるかもしれないよ……。」

 

勝手な言い草ですけど、確かにこれには一理あるとは思います。
中途半端に髪の毛を残しているほうが評判が悪いですし、バーコードと言われるハゲ方やハゲている部分を隠そうと不自然な髪形になるよりはスパッと無くしてしまう方が女性からの受けも良いようです。
ただ、この髪の毛を剃るという行為は今の自分が望むことではないはずです。
髪の毛を剃って現状を変えることが出来るのであれば初めから剃っています。
目的は髪を無くすのではなくて髪を少しでも増やすこと。
本人にしてみれば今の状況を少しでも良くしたいだけで、どうやったら髪の毛を増やせるか、普通のヘアスタイルを楽しめるかそれだけなんです。
とにかく普通で良いんです。

 

髪さえあれば、もっと積極的に色々なことに挑戦できるんじゃないか。
いつも、そう思います。
積極性が無いことを髪のせいにするのは良くないことだとはわかっていても、ついついもう少し髪があればと考えてしまいます。
仕事にしても、恋愛にしても髪があればと考えるのは薄毛に悩む人にとっては当たり前のことではないでしょうか。

 

「髪なんて気にするな。外見より中身で勝負!」

 

そう考えられれば良いのでしょうけど、実際に髪の毛が少なくなりつつある状況でそんな前向きな考えを持つのは難しいです。

 

髪を洗っていてふと排水溝を見ると大量の髪の毛がたまっている。
朝、起きて自分の枕にありえないくらいの髪の毛がついている。
髪型を整えようとしても以前より上手くいかない。
相手の視線が常に頭にいっているような気がしてならない。
自分の後ろに立たれると気になる。

 

こんな状況で髪の毛を気にしないことなど出来ません。
徐々に髪の毛が少なくなってくるのです。
本人にしてみれば言えばホラー映画以上の恐怖ですよ。

 

本サイトでは、管理人の経験を元に若ハゲの方と若ハゲ予備軍の方へ、その原因と対策について情報発信していきます。
少なくとも現状維持、現状以上の効果を望む方はぜひ参考にしてください。

 

男性用育毛シャンプーの比較サイト